[レントゲン検査]
肺の状態、心臓の大きさをチェックします。肺炎、肺がん、心不全などの診断に有用です。

 

 

[心臓超音波検査(心エコー)]
心臓の形態、動き、血液の流れなどを見ることにより、心機能、弁膜症の有無などを調べます。
心雑音や不整脈の原因検索などに有用です。
通常、予約していただいた上で行っておりますが、緊急で行う場合もあります。

 
■検査当日の食事制限はありません。
 
 

 

[心電図検査・ホルター心電図検査]
心臓から発生する微小な電流を調べる検査で、不整脈の診断には欠かせません。そのほか、狭心症や心筋梗塞、心筋症などが診断できる場合があります。
ホルター心電図検査は、24時間連続して心電図を記録する検査です。短時間しか記録しない通常の心電図検査と比べて格段に情報量が多く、不整脈の診断や経過観察に極めて有用です。最新式のコンパクトな機器を使用しておりますので、日常生活やお仕事にもあまり支障はありません。入浴可能なタイプもございます。

 

[動脈硬化検査]
日本の三大死因は「がん」「脳血管疾患」「心疾患」ですが、脳血管疾患と心疾患はいずれも「動脈硬化」が原因です。
心臓の拍出による波動が血管を伝わる速度を測定し、血管の硬さを推定する事ができます。
これをもとに、動脈硬化の程度や血管年齢を推定することができます。
同時に、下肢の血流が問題ないか確認することができます。

 
■検査方法はとても簡単です。
実際の測定にかかる時間はわずか5分です。
 
■血圧を測るのとおなじ感覚です。
検査は血圧を測るのと同じくらい気軽に受けられます。
両手・両足首の4ヶ所に血圧を同時に測定するだけなので、ほとんど痛みはありません。
薄手の服でならそのままで測定できます。
 

[運動負荷心電図検査]
心電図を記録しながら、自転車をこいでいただきます。自転車は固定式ですので、実際に自転車を運転するわけではありません。運動によりわざと心臓に負担をかけ、問題がないかを調べます。狭心症の診断に特に有用です。不整脈をお持ちの患者様が、運動をしても問題ないかを調べるのに行うこともあります。

 

[採血検査]
脂質異常症、糖尿病、痛風などの生活習慣病、肝臓病、腎臓病、甲状腺疾患、貧血などは血液検査で調べることができます。高血圧においても、二次性高血圧の診断や合併症の有無を調べるのに大切な検査です。

 
[呼吸機能検査]
気管支喘息や、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断や治療効果判定に有用です。
COPDの主な原因はタバコですので、喫煙なさっている方は、一度検査なさることをお勧めいたします。
 
(保険適用について)
18年4月の診療報酬改定に伴い、武田ハートクリニックも予防医学の観点から禁煙治療の推進を計るため、ニコチン依存症管理料の施設基準の届出を行い、受理されています。
これにより該当される方につきましては保険で禁煙治療ができるようになりました。
(禁煙とその効果)
喫煙関連疾患に関して、予防のための禁煙治療は絶大な効果があり、4年経過後の疾患罹患のリスクは半分に、10年経過後については非喫煙者とほぼ同等になります。
喫煙をされている方は一度禁煙治療にチャレンジしてみることをお勧めします。
当院では、内服薬の導入により、70%以上の方が禁煙に成功しています。
(お問い合せ先)
禁煙治療につきまして詳しくお聞きになりたい方は
0545-66-3161(直通)までご連絡ください。
 
 
トップ / 診療案内 / 検査内容 / 診療設備 / スタッフ紹介 / 禁煙治療 / アクセス / 求人募集
静岡県富士市 武田ハートクリニック 循環器科・内科・小児科 生活習慣病に関する健康相談
〒416-0945 静岡県富士市宮島88-10 電話 0545-66-3161 このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright (C) TAKEDA HEART CLINIC. All Rights Reserved. Produced by DESIGN ATOZ.